カジノで大金を手にできるのは大きな夢です

日本では目下調整中ですが、いまや世界の各地にカジノがあります。マカオやラスベガスは、知名度はもちろん、その取引量たるや莫大なものがあります。客の中には、一晩で日本円で百万円を超える大金を稼いだ人も少なくありません。オンラインカジノで稼ぐ、一獲千金の夢を見させてくれる夢の舞台というのは間違いありません。日本に居住する日本人でも、年に何回かマカオに行って、カジノで大金を獲得してくる人がいるほどです。なお、大金を手にできるのは誰にとってもうれしい話ですが、税金がどなるのか、という問題が出てきます。もしマカオで50万円以上の稼ぎがあった場合は、これは一時所得として税務申告をしなければなりません。ただ、それを税関では申告することができないのも押さえておくべきポイントです。税関は所得税は管轄していませんので、対象外となります。カジノで儲けたお金は確定申告のときに、一時所得として申告することとなります。

ラスベガスでは、テーブルゲームとスロットマシンなどの電子ゲームの二つが用意されています。瞬時にして大金が得られるのは、スロットのほうだというのが一般的です。スロットであれば、50セントから賭けることができ、たとえば、ジャックポットのような確率の低い絵柄がそろったら、1,000~1,000万ドル以上の賞金を手にできるというから、まさに夢の世界です。なお、アメリカの場合は、1,200ドル以上の儲けで税金がかかることとなっています。ただし、これはテーブルゲームでプレーしたチップを合計した金額のことではなく、スロットマシンで大当たりをして、1,200ドル以上の賞金を獲得したときにだけ適用される基準です。アメリカのカジノでは1,200ドル以上の儲けに際しては、税金が課せられることとなります。もちろん、この金額は国によって異なっていますので、どこでも通用する数値ではありません。

カジノで大勝利を楽しみにしているというのは、すべての人に共通した思いでしょう。それでは、会場にいくにはどれぐらいの現金を持っていけばいいのでしょうか。遊ぶための予算は人によって違っていますが、カジノの場合は幾らぐらいの現金を持っていくのがいいのでしょうか。一概には言えませんが、少なくとも5,000円は必要です。それだけあれば、試してみる程度なら可能です。ただし、勝負をかけようとするには、とうてい足りません。大雑把なたとえになりますが、パチンコや競馬にかけるのと同じぐらいの予算を想定しておくのが無難です。プレーそのものを楽しむというのもカジノの醍醐味の一つです。手元のお金を気にしながらプレーするのでは、面白さも半減しますし、一獲千金の夢も薄くなってしまいます。