ソウルでもカジノ施設はにぎわっています

世界では多くの国がカジノを公認してます。日本ではIR整備法案が国会を通ったもの、目下のところは実現していません。国内でのプレーは禁止されているのが現状です。お隣の韓国では、1967年に外貨獲得を目的として解禁されています。いまでは、外国人だけに限定せず、韓国人も入場できるカジノも設けられるほどになっています。現在では、韓国内にはソウル市の3か所をはじめ、17ヶ所ものホテル併設型カジノが設置され、この数はアジアでは最も多いです。ソウルの施設はいずれも市内にあるところから、交通アクセスが非常に良く、また、最新の遊戯機器が備えられており、コアなファンからも大変な人気を呼んでいます。そして、日本語対応の可能なスタッフがいることも、日本人客としてはありがたいポイントです。

ソウルのカジノには気楽な装いで行くことができます。これは、ヨーロッパなどとは大きく違っている点です。フォーマルなファッションをする必要はありません。逆に、フォーマルなスタイルで行くと、逆に、まわりの雰囲気からは浮いてしまう羽目に陥ってしまうかもしれません。ソウルのカジノでは、どんな服装をしなければならないとの厳格なルールは定められていません。常識的で清潔な普通の服装であれば、何の問題もなく入場することができます。とはいえ、あまりにラフに過ぎたファッションや肌の露出が目立ち過ぎる服装は避けたほうが無難です。たとえば、ダメージジーンズや半ズボン、サンダル履きは好ましくありません。また、施設によっては、サングラスが禁止というところもあります。そんな場合は、入場のときに受付で一時預かることとなっています。

ソウルの施設では分煙処置がとられており、喫煙席と禁煙席とで分かれています。ただ、距離を十分にとって空間が分けられているほどの分煙ではありません。それぞれのテーブルごとで、喫煙席と禁煙席とが決められていますので、喫煙者にとっては助かることでしょう。とはいえ、無制限に喫煙が許されているわけではありませんので、誰もが気持ちよくプレーを楽しめるようにとの趣旨で行われている分煙処置です。ソウルのカジノに行くときは、あらかじめルールやマナーを知っておくことが重要です。なお、一部のカジノには喫煙場所が設けられていますが、すべてのカジノに喫煙スペースが設置されているのではありません。もし、施設内でタバコを吸いたいということであれば、基本的には喫煙スペースでタバコを吸うことが求められます。

ソウルのカジノでもっとも人気なのはやっぱりルーレット!オンラインカジノランキングでルーレット特有の必勝法や投資法などもあるので一度こちらの記事をお読みください。