ウィリアムヒルカジノで勝った場合の税金の考え方

オンラインカジノは海外サイトのため、そこで利益を上げた分は所得とは一切関係ないと思われるかもしれませんが、金銭が発生している以上は税金徴収の対象となっています。高額配当を得る人が少ないため馴染みがないかもしれませんが、日本でも競馬やパチンコなどの公営ギャンブルは一時所得にあたるため、本来は税金の対象となって申告義務が発生します。それでも申告しないで済む理由は金額のやり取りが明確でなかったり、総合的に負け超していることから見過ごされているところも少なくありません。一時所得は使用したお金を経費として認めていないため、負けた分は申告する意味もないためです。

オンラインカジノで稼ぐ方法を知りたい方はこちらをチェック!オンラインカジノは稼げる?稼ぐためのコツとカジノ選び方解説

ウィリアムヒルカジノで遊んだ分も税金の対象となることから、高額配当がなくとも少しずつ勝ち越した分で利益が出た場合は申告する必要があります。期限はその年の1月1日から12月31日まで、たとえば100万円の勝ち金があれば、その100万円が確定申告の対象です。会社に勤務している人は翌年の1~2月頃に源泉徴収票をもらうことになりますが、源泉徴収票と一緒に税務署にて確定申告を行うことになります。

オンラインカジノはやっていたけど、どれだけ勝ち金があるかわからないという人はウィリアムヒルカジノでの取引履歴を見てみるようにしましょう。そこでは入出金やプレイに使用した金額、配当金などがしっかりと記録されているので、使用したお金や払い戻しされた金額がわかります。ただし、入金した金額は経費として計上できないため、ウィリアムヒルカジノの税金は配当金のみの計算となります。スロットなどの数をこなすゲームでは履歴の数がとんでもないことになりかねないので、日頃から記録をとっておくことが大切です。